愛岐中央眼科 愛岐眼科

愛知県江南市(愛岐中央眼科)、一宮市(愛岐眼科)にて白内障、網膜硝子体疾患、緑内障、小児眼科など幅広い眼科診療を行っています。

小児眼科診療について

HOME >  診療のご案内  > 小児眼科診療について

小児眼科診療

  • 小児眼科診療

    生後すぐの赤ちゃんから小学生に至るまで小児期は視機能の発達においてとても重要です。
    ですが検査の恐怖感、集中力の欠如などのため、成人のように信頼できる検査がなかなかできません。
    そこで、当院では国家資格である視能訓練士免許をもつ専門スタッフが充分時間をかけて、丁寧に対応します。

    近視、遠視、乱視などの屈折異常のほか、眼鏡などの矯正を行っても視力が出にくい弱視、放置すると視力や両眼で見る機能が侵されることのある斜視の治療や管理を得意としています。

弱視

  • 弱視とは、子どもの視力が発達する5~6歳までの間に、何らかの原因で視力の発達が遅れ、ものをはっきりと見ることできなくなる状態をいいます。
    子どものほとんどは、自分から「見えにくい」とは訴えません。気になる様子がある場合は、お気軽にご相談下さい。
    6歳までに発見・訓練された弱視は、十分に視力の発達が期待できます。





    弱視

斜視

  • 斜視とは、両目の視線が目標に向かってそろわず、片方の目の視線が別の方向に向かっている状態をいいます。
    小児の約2%に見られます。
    視能訓練、経過観察、手術等、状況に応じた指針をお示ししますのでお気軽にご相談ください。







    斜視

近視、遠視、乱視

  • 近視
    ピントが眼球の内側で合う状態で、遠くの物はぼやけて見えますが、近くの物はピントが後ろにずれ、網膜に合うので、きちんと見えます。
    遠視
    ピントが眼球の外側で合う状態で、遠くの物もぼやけて見え、近くの物はさらにピントが網膜から離れてしまうので、もっとぼやけて見えます。屈折異常は眼球の個性なので病気ではありません。成長と共に眼球状態が変わることもあります。
    乱視
    角膜がゆがんだ状態で、部分的にピントがずれているため、遠くも近くもゆがんで見えます。

    近視、遠視、乱視