愛岐中央眼科 愛岐眼科

愛知県江南市(愛岐中央眼科)、一宮市(愛岐眼科)にて白内障、網膜硝子体疾患、緑内障、小児眼科など幅広い眼科診療を行っています。

先端医療機器診療

HOME >  診療のご案内  > 先端医療機器診療

低侵襲で安全な白内障・硝子体手術

  • CONSTELLATION VISION SYSTEMによる最先端治療

    CONSTELLATION VISION SYSTEMによる最先端治療

    網膜の先端医療を行う施設において世界標準で使用されており、最新の極小切開手術を可能にし、あらゆる白内障・硝子体疾患に対し幅広い術式、きめ細かい手技に対応することができます。
    特に現在最速の硝子体カットレート5000カット/分を有することにより、術中の網膜の動揺を最小限に抑え、硝子体切除や増殖膜処理をより安全に遂行可能とします。
    また、術中の人工房水灌流量をリアルタイムで測定し、厳密にコントロールすることで眼圧を一定に保ち、術後の炎症を極力低減します。

新世代光干渉断層計による緻密な診断

  • RS-3000 advance スペクトラルドメインOCT

    RS-3000 advance スペクトラルドメインOCT

    赤外線干渉光により、網膜や角膜の断層像を画像化する装置です。
    広範囲の網膜断層像を53000A-scans/秒の高速スキャンで取得し、6ミクロン以下の高解像度で画像化することで、黄斑部疾患や緑内障を含む各種網膜疾患、角膜疾患の検出、早期発見、経過観察を行うことができます。
    最新機種:ADVANCEでは、従来機と比較して、より高精細な網膜の断層画像の撮影及び眼底追尾機能に加えて、網膜後方にある脈絡膜が鮮明に撮影できるようになり、加齢黄斑変性等の診療において、さらに精度の高い検査が遂行可能となりました。

パターンスキャンテクノロジーによる新世代レーザー治療

  • PASCAL SLIM LINE

    PASCAL SLIM LINE

    パスカルレーザ PASCAL=Pattern ScanLaser はシングルスポットから あらかじめ設定したパターンまで光凝固できる革新的なレーザ装置です。

    独自の精密な光学技術に基づくPrecision Spot テクノロジーにより、 安定したビームポジショニングと均一な凝固斑を可能にしました。

  • 右眼 1回目 0.02秒
  • 1W 右眼 2回目 0.02秒

多焦点眼内レンズによる日帰り白内障手術(保険外診療)

  • MULT FOCAL IOL

    MULT FOCAL IOL

    現在、当院におきましても好評を得ております白内障手術の際に広く用いられている眼内レンズは、保険診療であるという特性上「単焦点」眼内レンズです。
    これだけでも十分な視機能向上を享受できるのですが、一般的に遠くにピントを合わせることが多いため、どうしても近くは眼鏡による助けが要ります。
    しかし現代社会におきましては、何歳になっても多種多様のお仕事や趣味をすることが一般的であり眼鏡に依存する頻度を下げる必要があります。
    「多焦点」眼内レンズを用いた白内障手術ではこの夢を実現することが出来ます。
    一歩進んだquality of visionを望む方には、この手術をお勧め致します。

  • 多焦点眼内レンズの見え方