愛岐中央眼科 愛岐眼科

愛知県江南市(愛岐中央眼科)、一宮市(愛岐眼科)にて白内障、網膜硝子体疾患、緑内障、小児眼科など幅広い眼科診療を行っています。

緑内障手術

HOME >  手術治療  > 緑内障手術

緑内障について

  • 緑内障手術について

    緑内障は現在のところ不可逆性の病気で早期発見早期治療がとても大切です。

    緑内障の治療では、眼圧を下げることが重要です。
    まずは点眼薬で治療しますが点眼薬で進行が抑えられない場合は手術治療を適切な時期に施行します。

    手術治療は様々な方法が開発され、当院においても適応を詳しく検討したうえで術式を選択しますが、その中でも代表的な2つの術式を記載します。

緑内障について

  • 線維柱帯切開術(トラベクロトミー)

    線維柱帯切開術(トラベクロトミー)

    黒目(角膜)と白目(強膜)の境界付近に存在する線維柱帯(眼内の水の排出部にある網目構造物)を切開して排水の抵抗を減らす術式です。当院では排水の流通管であるシュレム管の外壁を開放するシヌソトミーを主に併用しています。

  • 線維柱帯切除術(トラベクレクトミー)

    線維柱帯切除術(トラベクレクトミー)

    白目(強膜)を弁状に切開して新しい房水の排出路を白目と黒目の接する場所につくります。さらに白目にプール(ろ過胞)を作成し眼内の水をこのプールに逃がして眼圧を下げます。